読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく

とりあえず、とりあえず。

大阪枚方の新たなランドマーク!枚方T-SITEに行ってきた!

f:id:happyasuasu:20160521225726j:plain


枚方市。なんの変哲もないベッドタウン。

と思いきや、元宿場町だったり菊人形の伝統があったりする。

かたや、夏には日本最高気温や最高降水量を記録する。

そんな街、枚方市(ひらかたし)。

最近はV6の岡田准一が「ひらかたパーク」(通称ひらパー)のイメージキャラクターになったこともあり
どんどん盛り上がってきています!

そんな枚方市に今週 2016/5/16(月) 、
ひらパー、樟葉モールに続く新たなランドマークがオープン。

"枚方T-SITE"

代官山、湘南に続くTSUTAYAと蔦屋書店を中核とした商業施設です。

代官山、湘南と来て枚方!?と思われる方も多いかもしれませんが、
なんと枚方TSUTAYA創業の地なんですよー!

そんな話題の枚方T-SITEに、オープン初の休日に行ってきました!


枚方T-SITEとは

f:id:happyasuasu:20160521224557j:plain

ヒラカタティーサイト

枚方蔦屋書店」と「TSUTAYA枚方本店」を中核にした商業施設。

新たな生活提案の場を提供する「ライフスタイル百貨店」がテーマ。

コスメ、ファッション、カフェ、レストラン、銀行など、43店舗が入っています。

多い!

また、7:00〜25:00という開業時間も特長。

長い!

さまざまなライフスタイルに合わせた利用を目指しているそうです。


◉実際に行ってみた魅力

f:id:happyasuasu:20160521224626j:plain

まず、おしゃれ。

全面ガラス張り・キューブ型の建物の存在感たるや。

内装も白、黒、木目を基調に間接照明も多く、シックにまとまっています。


また、行ってみて特に印象に残ったのが、

「店舗同士の垣根のなさ」と「本とその他の商品の融合」

カフェも雑貨屋さんも服屋さんも、基本的に壁などで区切られていません。

そして、売り場の至る所にソファやラウンジがあります。

フロア全体で1つの空気を作っていて開放感にあふれ、周りやすい。

全体が統一されていてリラックスできるように感じたのもこのおかげかもしれません。


また、本以外の商品メインのフロアでも、壁際など至る所に本が売ってあります。

ここがT-SITEならではの魅力であり、
他の商業施設にはない特長だと感じました!


では、フロア毎に詳細を。

◽︎1F:食のマルシェ

f:id:happyasuasu:20160521224655j:plain

≫話題のカフェ・食に関する本

関西初上陸のフルーツフローズンバー「PALETAS」
心斎橋発の人気パンケーキ「gram」
京都錦市場の人気茶寮「錦一葉」
枚方で収穫した素材を使ったパン「The Grounds Baker」

など、話題のカフェが大集合。

北側にはグルメ本、レシピ本、食と健康に関する本など
さまざまな角度から食を捉えた書籍が取り揃えられている。

もちろんスターバックスコーヒーもあり、
カメラのキタムラスマートフォンショップ「TONE」なども。

◽︎2F:エンターテイメント

f:id:happyasuasu:20160521224714j:plain

TSUTAYAApple

京阪沿線最大級の品揃えのTSUTAYA
CD・DVDのレンタル、販売だけでなく
レコードの視聴など音楽や映像を楽しむ工夫がなされている。

また、アップル製品の販売・修理等のコーナーも併設。

自然食ビュッフェレストラン「モクモク」も入っている。

◽︎3F:Books & Cafe

f:id:happyasuasu:20160521224744j:plain

≫蔦屋書店・スターバックスコーヒー

京阪枚方市駅直結の歩道橋からつながっている3階。

本・文具を扱う落ち着いた雰囲気の蔦屋書店を中心に、
スターバックスコーヒー、眼鏡屋さん、旅行代理店がある。

「蔦屋書店」と聞いたときのイメージに最も合っているのがこのフロア。

「KANEKO OPTICAL」は福井県の眼鏡屋さんだそうで、こだわりを感じる品ばかり。

読書のお供にお気に入りの眼鏡を見つけられそう。

◽︎4F:暮らしと美容

f:id:happyasuasu:20160521224759j:plain

≫雑貨・コスメ・美容本

「毎日の暮らし市」と題して期間毎にさまざまな雑貨ショップの商品が並ぶ。

傘やポーチ、キャンドル、食器などジャンルは幅広い。

f:id:happyasuasu:20160521224827j:plain

展示の仕方がどれもおしゃれで見ているだけで楽しい!

雑貨好きが喜ぶこと間違いなし。

アパレルショップ「caelum」、「交野カバン」、靴下の「yuino」やコスメショップ、ヘアサロンの他、
小川珈琲も常設されている。


また、ラウンジと5Fへとつながる階段の横には

7mにもおよぶ本棚が!!

f:id:happyasuasu:20160521224849j:plain

圧巻。

◽︎5F:子どもと学び

f:id:happyasuasu:20160521224905j:plain

≫子ども服・児童書・遊び場

子ども服やおもちゃ、育児本や図鑑などの児童書を販売する子ども向けのフロア。

裸足になって遊べるコーナーやベビーカー置き場があったり、
床が人工芝生だったり、本棚が低かったり、とことん子ども向けに設計されている。

英会話のAEONやフォトスタジオも併設。

「ボーネルンド トット・ガーデン」という赤ちゃんの遊び場も魅力的。

ボールプールなどを親子で体験できます。

f:id:happyasuasu:20160521224923p:plain

ぜひ小さなお子さんとも一緒に来てみてほしいなと思いました!

◽︎6/7F:三菱東京UFJ銀行/りそな銀行

f:id:happyasuasu:20160521224943j:plain

それぞれワンフロア使い切っており、窓口やローンセンターもある。

6階にはT-SITEの建築展示があり、
7階にはりそなホールやラウンジがあり、静かにくつろげる。

ちなみに、ATMだけなら1・3階にもあります。

◽︎8F:レストラン

f:id:happyasuasu:20160521225006p:plain

8階は普通のレストラン街。

壁にでっかい絵画がいくつか飾ってあるのが印象的でした。

また、テラスがあり周辺を一望できる。

各店内も、ガラス張りの開放感ある座席が多いようです。

入っているのは3店舗↓

イタリアン「MEAL TOGETHER LOOF TERRACF」
中華「恵比寿 京鼎樓」
和食「THUMUGI by 梅の花」

◽︎B1:フードマーケット

夏頃オープン予定。


◽︎アクセス

f:id:happyasuasu:20160521225048j:plain

京阪枚方市駅南口から連絡通路が2本伸びています。

近鉄百貨店時代からある歩道橋と、新しくできたさんぷら座とT-SITEをつなぐ通路。

後者だと雨の日も濡れずに駅から到着できますよ!


◉新スポットを盛り上げよう!

f:id:happyasuasu:20160521225140j:plain

できたてほやほやの枚方T-SITE。

これからさらに枚方を盛り上げてくれそうです。

定期的にイベントやワークショップ等も開催されるようなので要チェック!

また、T-SITEのアプリをダウンロードすると、
Tポイントカード代わりになったり、レストランの予約をしたりできるそう。

これは便利だ!


休日に家族で、友だちとちょっとランチに、仕事帰りにひとりでふらっと。

ぜひ一度訪れてみてください〜!



-----

枚方T-SITE

http://real.tsite.jp/hirakata/

京阪枚方市駅南口より徒歩1分
駐車場あり

開業時間 7:00〜25:00(不定休)